ホームへ

蓄熱暖房機の仕組み・構造

広告

蓄熱式暖房は電気の暖炉

蓄熱式暖房は電機で作った熱を本体の蓄熱財に蓄えることで、長時間にわたって高温を保てる暖房器具です。その仕組みは暖炉と非常に良く似ています。

電気代は安い、でも省エネではありません

電気で熱を作り、その熱を作る仕組みは電気ストーブ同様です。なので、熱効率は電気ストーブなどと変わりません。そのため決して省エネなわけではありません。ただ、電気料金の安い夜間に熱を作ってその熱を蓄えるため、昼間は電気を使う必要が無いので経済的に助かる暖房といえます。

蓄熱と蓄熱材料

蓄熱暖房機の内部構造

蓄暖の内部構造

蓄熱とは温度を蓄えておくことですが、これに使用されるのが蓄熱材。蓄熱の効率を上げるために金属を加えたレンガです。薪を使用する暖炉も周りをレンガで囲ってありますが、あれはレンガが優れた蓄熱材であるためです。そのため火を消した夜間でも部屋の温度を保つことができるのです。蓄熱暖房機も同様で、レンガを暖め、その熱を徐々に放熱することで長時間の暖房を可能にしています。

左の写真はインターセントラルの蓄熱暖房の内部です。手前に見える茶色のブロックが蓄熱レンガ。その奥に見える官が熱源です。写真ではレンガが少量見えるだけですが、実際に使用する状態ではこの蓄熱レンガが内部に敷き詰められます。

上に